ひわの葉薬(トップ) > 掌編


掌編集


 人の死ぬ夜にたまさか見るといふ奇ツ怪にして珍妙たる虫を「うつば」と呼ぶなり。大きさ半寸にも満たずよく宙を舞ひ 特に彼岸に多し。この虫のつらつき見るに猿のやふ 手足を見るに蜘蛛のやふ 鳴き声は赤子のやふなり。

 人の死するを嗅ぎ付けてどこからともなく飛んできてはやかましく鳴き その声「なにがしがなにがしを殺めり」と云つてゐるやふに聞こへるといふもあれば「きゃあきゃあとはなはだうるさきこと」とのみいふもあり。

 深川の宿場に葬式のあった晩 みどりごを負ふた子守娘が庭にてこの虫の蚊柱のごとき群れを見つけ戯れに「そのやふなところで如何し候か」と問い尋ぬれば虫どものこたへていはく「我らの衣をこしらへるなり」と。子守の驚き叫ぶに虫は四散し家人の来し頃には何も見えず。翌朝 虫の群れのあった庭石に絹糸のごとく細き髪の無数にあるを家人がみとめけり。

 二月ばかりのち子守娘の負ふてゐたみどりごは病を得てみまかりけり。夏の盛りといふに赤子のむくろに一向蝿の寄らぬを不審に思ひし家人が調べむくろの口を開けてみたれば 一斉に小さき羽虫どもの飛び立つを見て仰天せり。虫のすべて飛びしあとのむくろはからからとした骨が残るばかりであつたとその家の主はいひぬ。

 

 

20 メイノカワラ  ・ヒゲ剃り人

 

19 月光の差す中で  ・可愛くさよなら  ・生死問答  ・自殺教唆  ・じっくり
いついつ出やる  ・うさぎ人間  ・紫陽花  ・あいしていること ・他人事

 

18 スプーン  ・後ろに  ・その匂い  ・心臓一突き  ・結婚式
写真の夢 ・鬼の村  ・開かずの間  ・真夜中の観覧車

 

17 右と左  ・人間そっくり  ・ただいまハニー  ・瓶詰め  ・禁字
かくれんぼ  ・迎えに来ました  ・サルビアの花畑:その一  ・サルビアの花畑:その二  ・サルビアの花畑:その三

 

16 うわさばなし  ・奇態  ・海和尚  ・即興詩人  ・恋愛結婚
隣人  ・しみ  ・。 → o → O  ・  ・死にたがり

 

15 愛でるモノの話  ・これぞ奇跡  ・にせもの  ・情報選別  ・千鳥
吊橋  ・夢判断  ・だれか:その一  ・だれか:その二  ・雨漏り

 

14 握り手  ・夢見酒  ・わかる人にだけわかればいい  ・鬼門  ・口説け
口笛  ・先の影  ・埋蔵金があぁぁ  ・書き出し  ・知らない方がいいこと

 

13 黄泉戸喫  ・椿木  ・コインロッカー前で  ・ホンモノ  ・墓誌
永続  ・ローティーン・ブギ  ・離魂  ・笑死  ・黄昏時

 

12 ・都市伝説:エイズ・メアリー  ・おやすみ  ・二編・(以下略)  ・情熱  ・虫の話
ジャック  ・呪亀  ・回転鏡  ・かまいたち  ・ほら、そこ

 

11 ・写真  ・夢  ・秘密  ・七夕  ・また会いましょう
都市伝説:メリーさん  ・都市伝説:トンネルの怪  ・迷夢  ・餓鬼  ・髪の毛

 

10 ・アングル  ・カーテン  ・付喪神:その一  ・付喪神:その二  ・呪詞
・狂気  ・妄執  ・恋文:その一  ・恋文:その二  ・(削除)

 

・空五倍子  ・はずれ  ・いきどまり  ・結末について  ・愛の形
・マリコさん  ・旅館の夜  ・条件反射  ・男子校  ・ジュース

 

・嫌な目  ・新発明  ・正しいあり方  ・やまがみさん  ・処遇
・門松  ・雪の手  ・ノック  ・階段降り  ・霊媒体質

 

・(削除)  ・健康食品  ・オートマティック  ・どこかで見た  ・軽い火傷
・エレベーター  ・宝石談義  ・メデューサの本  ・土の中  ・ひとなさま

 

・別れの日に  ・ビデオ  ・エケコ  ・一本だたら  ・メール
・肝試し  ・宇宙船の中  ・そこにいたのは  ・誕生日  ・窓から

 

・交錯  ・寛佐  ・会話  ・有罪マシーン  ・うしない水
  ・昔見た夢  ・虫歯  ・ドッペルゲンガー  ・無色透明

 

・電気コード  ・時計  ・朝のこと  ・ラーメン屋で  ・
「どちらに行かれるんですか」  ・サンタ  ・命の花  ・バク転男  ・くちびるピアス

 

・ジョニー  ・有限な呪い  ・うろこ  ・天気予報  ・恋
・ハンバーガー、単品でひとつ  ・崖のほとりで  ・きみがいない  ・ひとつき  ・交通規制

 

・きのうの海で  ・逃げる二人  ・目玉盗  ・お母さん  ・ペコちゃん
・王様の願い  ・花粉症  ・準備室の鏡  ・夢の中で  ・マイナス100

 

・お墓参り  ・肉  ・蟹  ・雨の日に  ・自転車
・河童の池  ・爆  ・石を投げて  ・顔の本  ・犬語翻訳機

 


戻る