TOUBYOUCHU (08/10/16?〜)


 

文章と言葉

掌編集(17/08/07)

短編・その他(11/06/19)

言葉飾り(14/08/29)

 

掌編連作

夜宵さまと僕(17/09/21)更新

ハンバーガー・ボス(17/05/12)

ミズキさんの話(17/02/25)

 

短編連作

遊女チヨジ(07/05/14)

骨のない魚(12/02/02)

浄魂の青(17/09/09)

 

その他

通販

ツイッター

 


 

夜宵さまと僕

 

「ここ数年、エロスのジャンルに『おねショタ』という きれいなおねえさんがショタボーイに十八歳未満禁止行為をおこなうものが流行しているようですが どう思いますか豚」

「……どう思うというか、この十三年ほど すげえ間近で そういった法律の越境すれすれ場面を見て参りましたので、特に思うところはないです」

「それでもオスですかこの豚が。そういう時こそ、実在の美女と美少年を引き合いに出して掛け合わせるものでしょうが」

「掛け合わせるという言葉の意味がわかりません。あと、オスでも興味のないエロスジャンルはあると思います……」

「ほう。ではあなた、おねショタに興味がないと」

「ありませ ヒッ! ななな何ですか 突然後ろから抱き付かないでください!」

「あなたがハンドスピナーやベイブレードをキャッキャと遊ぶ世代に、この美しい私と出会ったと考えたらどうです あなたの顔面偏差値は横に置いておいて」

「確かに僕は美少年でなかったですが……何というか、夜宵さまはその美貌でまず相手の思考回路を遮断してから誘惑に入るでしょう。僕の意志も関係なく」

「あなたはその誘惑に抗しきれますかね フフン」

「……なんかこの後 肉体を若返らせるという乱歩ドイル少年探偵的展開が思い浮かんだんですが」

「あら、豚のくせに今日は冴えてるのですね。私、どうせならショタっ子にご奉仕されたいのにあらそうだこうすればいいのですよ的なひらめきをですね」

「え、いや何で どっから現れたんですかその屈強な取り巻きは やめっ ちょっ ほんとやめて えええ ええええええっ!」

 


制作・管理神藤ナオ   バナー200*40  連絡先郵便箱
Copyright©2004-2017 Shindoh Nao, All rights reserved.
※引用・感想・批評・リンクはご自由にどうぞ。無断転載とかそういうことはやめてください。


検索 : 文芸WEBサーチ NEWVEL 創作文芸見本誌会場Happy Reading