わからないことが いろいろとあるよ


 

文章と言葉

掌編集(18/06/17)更新

短編・その他(11/06/19)

言葉飾り(14/08/29)

 

掌編連作

夜宵さまと僕(18/01/17)

ハンバーガー・ボス(17/05/12)

ミズキさんの話(17/02/25)

 

短編連作

遊女チヨジ(07/05/14)

骨のない魚(12/02/02)

浄魂の青(17/09/09)

同人誌を販売しております

 

長編

異形奇館(17/12/19完結)
原稿用紙452枚

おのめ(18/05/23)

 


ようこそ、お元気で

 

 あなたが新しい駅長ですか。いえ ナニ あなた、この辺りの知識 あまりないでしょう。僭越ながら 前任の私が ご説明申し上げますよ。

 電車にまつわる怖い話として あなたは何を思い浮かべますかね。幽霊電車ですかね。異界駅ですかね。その他諸々なにがしかですかね。

 幽霊電車は これから死ぬ人ばかりが乗っているので乗り込まない方がいいとか 逆に無人の電車が線路のない道を走っていたりとか 色々言われますね。異界駅といえばもちろんあれです きさらぎ駅ですよ。こちらは 「きさらぎ」と読んで「鬼」と書けば 妄想がより一層広がる仕様のインタァネット発都市伝説ですが、異界駅の話そのものは 水木しげるが『ゲゲゲの鬼太郎』で 五十年以上前に描いておりますので そうそう新しい話でもないですな。

 乗り物っちゅうものは 新しくなるほど新しい怪異が生まれるもんです。飛行船が物珍しかった頃には幽霊飛行船が 蒸気機関車がうろうろしていた頃には幽霊機関車が出ましたでしょう。おや ご存知ないですかね。そりゃあ そりゃあ 幸せですよ。その分じゃあ 異界駅のことも 「鬼」が具体的にナニを意味するかも ご存知ないってことでしょう。異界駅は異界にあるんです 空の色も 聞こえる音も 風の匂いも ぜんぜん違うようなところに そうすたすたと うかつに降りてくるもんじゃないですよ。けれども これで私は ここの駅から 普通の人間世界に戻れます おや もうすぐ発車するようですね 私は急ぎますのでこれで失礼しますよ 次のうかつな客を待つあいだ どうかめげずに務めてください。

 

 

 


制作・管理神藤ナオ   バナー200*40  連絡先郵便箱
Copyright©2004-2018 Shindoh Nao, All rights reserved.
※引用・感想・批評・リンクはご自由にどうぞ。無断転載とかそういうことはやめてください。


検索 : 文芸WEBサーチ 創作文芸見本誌会場Happy Reading

 

今は『おのめ』を優先的に更新しております。夏期は掌編も割と更新するつもりです。